‘未分類’ カテゴリー

免許証の取消処分者講習制度

交通違反で免許の取り消し処分を受けてしまった場合、二度とクルマの運転をすることができないのかというとそうではなく、失格期間を終了したのち、取消処分者講習を受け、運転免許試験に合格すれば、再びクルマを運転することができるようになります。

取消処分者講習制度とは、免許の拒否処分を受けた者、免許の取消処分を受けた者、及び国際運転免許証を持っている者で6カ月を超える運転の禁止を受けた者が、処分の後、初めて運転免許試験(仮免許試験を除きます)を受けようとするときに受けなければならない講習制度です。街

この取消処分者講習を受けないと、運転免許試験を受けることができませんので、必ず受けなければならないことになっています。ただ、講習の内容は初心者が行う講習とは違い、実車での指導の他、カウンセリングやグループディスカッションなどによって、交通違反によって免許が取り消されたことを反省し、二度と同じ過ちを犯すことがないように指導されていきます。

講習時間は2日間で13時間が設定されており、受講料は31,800円となっています。講習が終了すると、1年間有効の講習受講済み証明書が発行されるので、その間に運転免許試験を受けることになります。

免許証の取消し・停止への不服申し立て

警察に捕まって、免許取り消しまたは免許停止の処分を受けた時、これが不満だとして警察に抗議しても全く取り合ってもらえません。それで泣き寝入りになるかといえばそうでは無く、公安委員会に不服申立てを行うことが出来ます。

公安委員会は 免許証の取消し・停止の処分を行うときは、公開で意見の聴取を行わなければならないから、意見の聴取を行う時は、当事者に対し、処分の理由、意見聴取の期日及び場所を期日に1週間前までに通知してきます。だからその日に出席して意見を述べて有利な証拠を提出して争えばいいです。花火02

また免許証の取消し・停止の処分を知った翌日から60日以内に異議申立てを行うことも出来ます。そして異議申立ては必ず書面で行う必要が有ります。

さらに異議申立てをしようがしまいが、関係なく処分取り消しの訴えを裁判所に提出することが可能です。この処分取消訴訟は出訴期間が有って。処分を知った3ヶ月以内で、尚且つ処分の日から1年以内に提起をする必要が有ります。

免許証の取消し・停止への不服申立ては、警察にではなく公安委員会にすればいいということです。ただ申立てをしてもこちらに有利な証拠が無ければ、処分は覆りません。だから証拠が無い場合は残念ながら諦めるしかないです。

停止処分者講習で処分期間は短縮される?

交通違反などを起こしてしまうと、違反の程度がひどい場合には運転免許の停止処分を受けることになります。運転免許を停止されると、自動車等を運転することは当然できなくなりますが、それでは困ってしまう人たちも大勢います。一般的に運転免許の停止処分は有限のものであり、ある一定の処分期間が完了すると再びその運転免許は有効になって、自動車等を運転することができるようになります。しかし、日常的に仕事などで自動車を運転しなければならない人は、その期間が完了するまで待っていることができないわけです。そのため、出来るだけ早く自動車の運転が再開できるように、処分期間の短縮ができる制度があります。花火01
運転免許の停止処分を受けた人が、その処分期間の短縮をしてもらうためには、停止処分者講習と言う講習を受けなければなりません。この講習は、停止処分の期間に応じて、短期講習、中期講習、そして長期講習があります。例えば停止処分の期間が30日の場合には、短期講習を受けることによって20日から29日間、処分の期間が短くなります。つまり、講習成績が良ければ、30日間の運転免許停止処分が、僅か1日になるわけです。停止処分の期間が90日の場合ですと、長期講習を受けることによって35日から80日間、処分の期間が短くなります。

初心運転者期間制度と点数計算

運転免許を取得してから1年間は、初心者運転マークの装着が義務付けられているのですが、この初心者期間においては、交通違反による反則点数にも、若干の違いがあります。普通の免許取得者の場合にはないような、特例が設定されており、初心者に限っては、違反点数の累積状況が厳しめに設定されています。初心運転者期間制度というものによって、定められているのですが、通常の道路交通法違反と同様の点数計算に則って、違反点数が3点以上になった場合には、初心者講習に出席することになっています。温泉この講習は、まだ初心者ということで、運転上の知識が習得できていない可能性があるということで、初心者に限ってチャンスを与えよう、というものです。この講習会への出席は義務ではありませんが、出席を規定回数以上実施しなかった場合には、運転免許の再試験を受験しなければならなくなります。その再試験で不合格になってしまった場合には、免許剥奪になってしまいます。ただし、1回の違反で3点の違反点数が加算された場合には、その次の違反を1年以内に犯さなければ、その違反点数が無効となり、講習会への出席義務がなくなります。しかし、初心者は運転上の知識がまだ浅いわけですから、より一層の安全運転が必要でしょう。

免許証の取消し・停止について

免許証とは一般に“免許”と言われ自動車の運転免許を例えることが多いでしょう。
運転免許で一番取得者が多いのは当然、普通一種免許でしょう。
今や普通免許は持っていなければいけないもので、運転免許がなければ、仕事や生活で支障が出ることがあります。
免許は身分証明ともなります。
この免許は、一応国家試験で、これを通過しなければ運転そのものが認められません。
県の公安委員会により、公認を受けた自動車教習所(自動車学校)で、一定の教習を受け、筆記試験に合格すれば資格取得となり、公道での自動車運転が認められます。
公道を自動車で、運転するため安全走行が目的とされ、ここでのあらゆる危険行為に対して、これを規制し違反した者には、反則金や罰金刑が与えられ、行政処分として免許停止や取り消しとなり、場合によっては懲役刑も科せられる場合があります。炎01

取り消しや停止が意味することはとても重大で、このような刑を科せられる状況は非常に大きな違反がある場合が多く、ひき逃げや飲酒運転やそれを伴なう事故、自動車運転危険行為などで、公務員や一流企業であれば、懲戒免職です。
こうなると、人生を棒に振るでしょう。

飲酒運転や危険行為をしている人が、最悪の結果を迎えて初めて反省することが多く、違反をしていても取り締まりや刑を受けて初めて事の重大さに気付くことが多いのも悲しい現実です。

普通自動車

普通自動車第一種免許は、最も多くの方が取得する一般的な運転免許証です。
車両総重量5000kg未満、最大積載量3000kg未満、乗車定員10人以下の自動車を運転することが可能です。

この普通第一種免許を取得する条件はいくつかあります。
まず、年齢は、満18歳以上であることが必要です。
また、視力は、両眼で0.7以上、片眼で0.3以上、視野が150度以上であることが必要です。ただし、眼鏡やコンタクトレンズなどで矯正した視力が、上記以上であれば問題ありません。
また、信号機の色である、赤・青・黄色の3色が識別できることも条件です。
さらに、10メートルの距離で、90デシベルの警音器の音が聞こえる程度の聴力が必要です。
その他、普通の読み書きができる学力と、運転に必要な運動能力が必須です。ランドセル

普通一種免許を取得には、技能試験と学科試験があります。
技能試験は、運転免許試験場で直接受験することもできますが、事前に指定自動車教習所に通って技能卒業検定に合格するルートが一般的です。教習所の検定に合格すれば、運転免許試験場での技能試験は免除となります。
なお、学科試験については、教習所に通っていた方も必須となります。せっかく、技能卒業検定に合格しても、学科試験に落ちれば免許は取得できませんので注意しましょう。

中型自動車

中型運転免許というものが存在しています。この制度は比較的最近始まったものであり、昭和生まれで免許を取った人には聞きなれない尾のであることが多いものです。従来は普通免許の次は大型免許でしたが、現在は大型免許の下に中型免許、そしてさらにその下に小型免許があるのです。
この様な免許のい改定があったのには普通免許でマイクロバスが運転できてしまうことから大きな事故になってしまうことが頻発したからなのです。マイクロバスは車体が長いという特徴があり、普通乗用車しか運転したことのない人が安全に運転するには熟練が必要なのです。しかし現状では全く経験が無くても運転できてしまうため、多くの事故を引き起こしてしまいました。プレゼント04
現在の普通免許は中型免許の限定免許という位置づけになっています。法的には旧来の普通免許でマイクロバスを運転することはできます。昔出来ていたことが出来なくなるということではないのです。しかし10人乗り以上の乗車定員のマイクロバスを運転するためには中型自動車免許の取得か普通免許の限定解除の試験を受ける必要があります。これは大きな車を運転して多くの乗客を乗せるのにはそれなりの技術が必要であるということを意味していると言えます。

大型自動車

車両の総重量11,000kg以上、最大積載量6,500kg以上、乗車定員30人以上のいずれかに該当する自動車を運転するためには大型自動車免許が必要です。車体が大きいため機敏な動きはできず、死角も多いため、運転にはより高度な技術が必要とされます。この免許を取得するには普通自動車免許取得条件よりも厳しい条件が付けられています。まず、何も免許がない状態からいきなりこの免許を取ることはできません。普通自動車免許や大型特殊免許を持っていて、免許停止期間を除く運転経験期間が通算3年以上経過していないといけません。年齢も満21歳以上でないと取得できません。例外として自衛官のみは満20歳以上で取得できます。視力や聴力など、身体条件も普通自動車免許よりは厳しく、運転の経験と大型の車を扱える身体が必要であるといえます。プレゼント03
免許取得方法は普通自動車免許と同様、指定の自動車教習所に入学し、技能、学科講習を受け、学校敷地内での運転試験、仮免許交付後の技能、学科講習、路上での技能卒業試験を経て、運転免許試験場での適性検査を通ったうえで晴れて免許交付となります。試験場での学科試験は免除されます。自動車教習所は入学から9ヶ月以内に卒業しなければなりません。
この免許を持っていれば原動機付自転車、小型特殊・普通・中型自動車の運転も可能です。大型バスやトラック、ダンプカーの運転手を目指す人には必須の免許といえるでしょう。

車に関連する免許の取得条件と運転できる範囲

クルマを運転するためには、運転免許証が必要です。取得資格は18歳以上となっており、肉体的に運転が無理だと判断されるまで、年齢制限はありません。最近では就職の条件でも必要とされることが多いので、学生時代に取得してしまうのが一般的になっています。

種類を分けると、まず一種と二種に分けることができます。一種はクルマを運転するすべてのドライバーに必要な免許です。一種にはオートマチック限定のものと、マニュアルミッションも運転することができるものがあります。二種というのは、一種を持っていて、なおかつクルマにお客さんを乗せて、賃金を取る仕事などで従事するときに必要なものです。具体的には、タクシーやバスの運転手に必要となります。運転代行業に従事する人も必要です。さらにクルマのサイズや特殊性によっても種類があります。具体的には、トラックやバスなどを運転する際にに必要な大型や、キャタピラなどの特殊車両用です。プレゼント02

ところで、このように様々な種類があるわけですが、それらは上位と下位にわかれます。上位にくる免許を持っている場合、下位に来るクルマも運転することができます。たとえば大型二種を持っている人は小型二種を運転することもできるということです。