免許証の取消し・停止への不服申し立て

警察に捕まって、免許取り消しまたは免許停止の処分を受けた時、これが不満だとして警察に抗議しても全く取り合ってもらえません。それで泣き寝入りになるかといえばそうでは無く、公安委員会に不服申立てを行うことが出来ます。

公安委員会は 免許証の取消し・停止の処分を行うときは、公開で意見の聴取を行わなければならないから、意見の聴取を行う時は、当事者に対し、処分の理由、意見聴取の期日及び場所を期日に1週間前までに通知してきます。だからその日に出席して意見を述べて有利な証拠を提出して争えばいいです。花火02

また免許証の取消し・停止の処分を知った翌日から60日以内に異議申立てを行うことも出来ます。そして異議申立ては必ず書面で行う必要が有ります。

さらに異議申立てをしようがしまいが、関係なく処分取り消しの訴えを裁判所に提出することが可能です。この処分取消訴訟は出訴期間が有って。処分を知った3ヶ月以内で、尚且つ処分の日から1年以内に提起をする必要が有ります。

免許証の取消し・停止への不服申立ては、警察にではなく公安委員会にすればいいということです。ただ申立てをしてもこちらに有利な証拠が無ければ、処分は覆りません。だから証拠が無い場合は残念ながら諦めるしかないです。

コメントは受け付けていません。