大型自動車

車両の総重量11,000kg以上、最大積載量6,500kg以上、乗車定員30人以上のいずれかに該当する自動車を運転するためには大型自動車免許が必要です。車体が大きいため機敏な動きはできず、死角も多いため、運転にはより高度な技術が必要とされます。この免許を取得するには普通自動車免許取得条件よりも厳しい条件が付けられています。まず、何も免許がない状態からいきなりこの免許を取ることはできません。普通自動車免許や大型特殊免許を持っていて、免許停止期間を除く運転経験期間が通算3年以上経過していないといけません。年齢も満21歳以上でないと取得できません。例外として自衛官のみは満20歳以上で取得できます。視力や聴力など、身体条件も普通自動車免許よりは厳しく、運転の経験と大型の車を扱える身体が必要であるといえます。プレゼント03
免許取得方法は普通自動車免許と同様、指定の自動車教習所に入学し、技能、学科講習を受け、学校敷地内での運転試験、仮免許交付後の技能、学科講習、路上での技能卒業試験を経て、運転免許試験場での適性検査を通ったうえで晴れて免許交付となります。試験場での学科試験は免除されます。自動車教習所は入学から9ヶ月以内に卒業しなければなりません。
この免許を持っていれば原動機付自転車、小型特殊・普通・中型自動車の運転も可能です。大型バスやトラック、ダンプカーの運転手を目指す人には必須の免許といえるでしょう。

コメントは受け付けていません。