初心運転者期間制度と点数計算

運転免許を取得してから1年間は、初心者運転マークの装着が義務付けられているのですが、この初心者期間においては、交通違反による反則点数にも、若干の違いがあります。普通の免許取得者の場合にはないような、特例が設定されており、初心者に限っては、違反点数の累積状況が厳しめに設定されています。初心運転者期間制度というものによって、定められているのですが、通常の道路交通法違反と同様の点数計算に則って、違反点数が3点以上になった場合には、初心者講習に出席することになっています。温泉この講習は、まだ初心者ということで、運転上の知識が習得できていない可能性があるということで、初心者に限ってチャンスを与えよう、というものです。この講習会への出席は義務ではありませんが、出席を規定回数以上実施しなかった場合には、運転免許の再試験を受験しなければならなくなります。その再試験で不合格になってしまった場合には、免許剥奪になってしまいます。ただし、1回の違反で3点の違反点数が加算された場合には、その次の違反を1年以内に犯さなければ、その違反点数が無効となり、講習会への出席義務がなくなります。しかし、初心者は運転上の知識がまだ浅いわけですから、より一層の安全運転が必要でしょう。

コメントは受け付けていません。