停止処分者講習で処分期間は短縮される?

交通違反などを起こしてしまうと、違反の程度がひどい場合には運転免許の停止処分を受けることになります。運転免許を停止されると、自動車等を運転することは当然できなくなりますが、それでは困ってしまう人たちも大勢います。一般的に運転免許の停止処分は有限のものであり、ある一定の処分期間が完了すると再びその運転免許は有効になって、自動車等を運転することができるようになります。しかし、日常的に仕事などで自動車を運転しなければならない人は、その期間が完了するまで待っていることができないわけです。そのため、出来るだけ早く自動車の運転が再開できるように、処分期間の短縮ができる制度があります。花火01
運転免許の停止処分を受けた人が、その処分期間の短縮をしてもらうためには、停止処分者講習と言う講習を受けなければなりません。この講習は、停止処分の期間に応じて、短期講習、中期講習、そして長期講習があります。例えば停止処分の期間が30日の場合には、短期講習を受けることによって20日から29日間、処分の期間が短くなります。つまり、講習成績が良ければ、30日間の運転免許停止処分が、僅か1日になるわけです。停止処分の期間が90日の場合ですと、長期講習を受けることによって35日から80日間、処分の期間が短くなります。

コメントは受け付けていません。