免許証の取消し・停止について

免許証とは一般に“免許”と言われ自動車の運転免許を例えることが多いでしょう。
運転免許で一番取得者が多いのは当然、普通一種免許でしょう。
今や普通免許は持っていなければいけないもので、運転免許がなければ、仕事や生活で支障が出ることがあります。
免許は身分証明ともなります。
この免許は、一応国家試験で、これを通過しなければ運転そのものが認められません。
県の公安委員会により、公認を受けた自動車教習所(自動車学校)で、一定の教習を受け、筆記試験に合格すれば資格取得となり、公道での自動車運転が認められます。
公道を自動車で、運転するため安全走行が目的とされ、ここでのあらゆる危険行為に対して、これを規制し違反した者には、反則金や罰金刑が与えられ、行政処分として免許停止や取り消しとなり、場合によっては懲役刑も科せられる場合があります。炎01

取り消しや停止が意味することはとても重大で、このような刑を科せられる状況は非常に大きな違反がある場合が多く、ひき逃げや飲酒運転やそれを伴なう事故、自動車運転危険行為などで、公務員や一流企業であれば、懲戒免職です。
こうなると、人生を棒に振るでしょう。

飲酒運転や危険行為をしている人が、最悪の結果を迎えて初めて反省することが多く、違反をしていても取り締まりや刑を受けて初めて事の重大さに気付くことが多いのも悲しい現実です。

コメントは受け付けていません。