車に関連する免許の取得条件と運転できる範囲

クルマを運転するためには、運転免許証が必要です。取得資格は18歳以上となっており、肉体的に運転が無理だと判断されるまで、年齢制限はありません。最近では就職の条件でも必要とされることが多いので、学生時代に取得してしまうのが一般的になっています。

種類を分けると、まず一種と二種に分けることができます。一種はクルマを運転するすべてのドライバーに必要な免許です。一種にはオートマチック限定のものと、マニュアルミッションも運転することができるものがあります。二種というのは、一種を持っていて、なおかつクルマにお客さんを乗せて、賃金を取る仕事などで従事するときに必要なものです。具体的には、タクシーやバスの運転手に必要となります。運転代行業に従事する人も必要です。さらにクルマのサイズや特殊性によっても種類があります。具体的には、トラックやバスなどを運転する際にに必要な大型や、キャタピラなどの特殊車両用です。プレゼント02

ところで、このように様々な種類があるわけですが、それらは上位と下位にわかれます。上位にくる免許を持っている場合、下位に来るクルマも運転することができます。たとえば大型二種を持っている人は小型二種を運転することもできるということです。

 

コメントは受け付けていません。